• 2022年2月21日
  • 0件

【FF14】赤魔道士 Lv90 クロスホットバー【6.0】

概要 FF14 6.0 暁月のフィナーレにおける、赤魔道士のクロスホットバーを紹介します。各ジョブの操作感を合わせられるように配置しています。 XHB の全体構成は次のようになります。単体攻撃 or 範囲攻撃によって、ホットバーを Set1 or Set2 に切り替えて使います。 左側 右側 Set […]

  • 2022年1月23日
  • 0件

【FF14】踊り子 Lv90 クロスホットバー【6.0】

概要 FF14 6.0 暁月のフィナーレにおける、踊り子のクロスホットバーを紹介します。各ジョブの操作感を合わせられるように配置しています。 XHB の全体構成はこのようになります。単体攻撃 or 範囲攻撃によって、ホットバーを Set1 or Set2 に切り替えて使います。 左側 右側 Set […]

  • 2022年1月15日
  • 0件

【FF14】タンク Lv90 クロスホットバー【6.0】

概要 FF14 6.0 暁月のフィナーレにおける、タンクのクロスホットバー設定例を紹介します。各ジョブの操作感を合わせるための、設定コンセプト紹介です。 個別ジョブの紹介記事は以下のリンクです。 ナイト 戦士 暗黒騎士 ガンブレイカー ボタンの配置は PlayStation 5 コントローラの記号 […]

  • 2021年12月28日
  • 0件

【Python】フィボナッチ数列の生成【整数論】

はじめに Python でのフィボナッチ数列生成の実装例を紹介します。フィボナッチ数列とは、0, 1 から開始し、数列の最後の2項の和で次の項を作るような列です。 0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, ・・・ と続きます。 Wikipedia フィボナッチ数 サンプルコード サンプルコードと実行 […]

  • 2021年12月26日
  • 0件

【Rust】素数の無限リスト【整数論】

はじめに Rust で素数の無限リスト生成を実装します。 素数とは、2以上の自然数で、他の数字で割り切ることができないような数を表します。ジェネレータクラスに Iterator Trait を実装することで、無限リストの生成を実現します。 Wikipedia 素数 サンプルコード 無限の素数リスト生 […]

  • 2021年12月26日
  • 0件

【Rust】挿入ソート【アルゴリズム】

挿入ソート Rust のアルゴリズムレシピとして挿入ソート紹介です。 Wikipedia 挿入ソート サンプルコード サンプルコードです。 i の位置の変数を一時保存するために Copy トレイトの制約を付けています。今回は i32 型なので問題ないですが、並び替え対象の型が重い場合は、処理速度に大 […]

  • 2021年12月25日
  • 0件

【Python】ctypes で Rust 関数を呼び出す【FFI】

はじめに Python のパッケージでは、高速化のために一部 C言語を利用しているものがあったりします。(numpy とか)でも今は C よりも Rust が人気なようなので、Rust の関数の呼び出し方を紹介します。 ctypes を利用した、最も原始的なやり方です。最近の技術を活用すると was […]

  • 2021年12月23日
  • 0件

【Elixir】素数の無限リスト【関数型】

はじめに 関数型言語の Elixir で素数の無限リスト生成を実装します。 素数とは、2以上の自然数で、他の数字で割り切ることができないような数を表します。Elixir では、Stream モジュールを利用することで、無限リストを遅延評価で生成することができます。 Wikipedia 素数 サンプル […]

  • 2021年12月19日
  • 0件

【FF14】大人数FATEにお勧めのジョブ 遠隔魔法DPS編【6.0】

はじめに 暁月のフィナーレのストーリーをクリアし、各エリアのFATE達成度に手を出し始めました。ところが大混雑のため敵を攻撃するのも一苦労です。 そんなときに役立つのが「自身の周囲の敵」に対して攻撃する範囲攻撃です。敵をターゲットする必要がないため、乱戦でアドバンテージがあります。この観点で、各ジョ […]

  • 2021年12月19日
  • 0件

【FF14】大人数FATEにお勧めのジョブ 遠隔物理DPS編【6.0】

はじめに 暁月のフィナーレのストーリーをクリアし、各エリアのFATE達成度に手を出し始めました。ところが大混雑のため敵を攻撃するのも一苦労です。 そんなときに役立つのが「自身の周囲の敵」に対して攻撃する範囲攻撃です。敵をターゲットする必要がないため、乱戦でアドバンテージがあります。この観点で、各ジョ […]