【PowerShell】ショートカットを bash 風にする

  • 2022年7月31日
  • 2022年8月1日
  • IDE
  • 5View
  • 0件
IDE

PowerShell のショートカットを bash 風にする

設定方法

PowerShell で次のコマンドを実行すると、ショートカットを bash 風にすることができます。

Set-PSReadLineOption -EditMode Emacs

ショートカット例

主要なショートカットです。

キー入力説明
Ctrl+p履歴を遡る
Ctrl+n履歴を順送りする
Ctrl+a先頭にカーソルを移動
Ctrl+e末尾にカーソルを移動
Ctrl+fカーソルを右に移動
Ctrl+bカーソルを左に移動
Ctrl+u先頭からカーソル位置までを削除
Ctrl+kカーソル位置から末尾までを削除
Ctrl+hカーソルの左の文字を削除
Backspace
Ctrl+dカーソルの文字を削除
Delete

なお、次のコマンドで全ショートカットを表示させることができます。

Get-PSReadLineKeyHandler

PowerShell 起動時に自動で設定させる方法

PowerShell のプロファイルファイルにコマンドを記述すると、PowerShell 起動時に自動で設定が読み込まれます。
プロファイルファイルの場所は、PowerShell 上で $PROFILE と実行するとパスを取得することができます。

> $PROFILE
C:\Users\xxxxxxxx\Documents\PowerShell\Microsoft.PowerShell_profile.ps1

このファイルを新規作成し、中にコードを記述すると PowerShell 起動時に自動でコマンド実行されます。

Set-PSReadLineOption -EditMode Emacs

参考URL:Microsoft – プロファイルについて